ペガサスの理念・特徴

ペガサスの理念と特長、先輩のメッセージをご紹介します。

社会医療法人ペガサスの理念

社会医療法人ペガサスの理念

ペガサスの約束PROMISE

すべての真ん中にいるのは、患者さまです。
はりつめた瞬間(とき)も、案ずる時間(とき)も、そしてゆるやかな日々(とき)も、ともに過ごします。
すべてを支えているのは、人と、町とのきずなです。
どこから見ても、誰にでも、よくわかる病院であり続けます。
ふるえる心に、よりそい。
待ちわびる思いへ、語り。
新たな願いと、手をたずさえ。
一つひとつの生命(いのち)を、まっすぐにどこまでも見つめていきます。

臨地実習の提供体制が充実しています

臨地実習の提供体制が充実しています

臨地実習は、すべてペガサスグループと連携施設、国立病院機構大阪南医療センターにて実施します。

先輩看護師インタビュー

ペガサスの先輩に看護の“楽しさ”聞いてみた!
(認定看護師として活躍する看護師にインタビュー。仕事内容をはじめ、やりがいや働き方をご覧いただけます。)

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 渡部 咲絵子

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

渡部 咲絵子Watabe Saeko

私がこうして看護師をしているのは、母が入院していた時お世話して頂いた看護師に励まされたり、傷つけられたり、色々と相談にのってもらい、「私も気持の落ち込んだ方の力になりたい」と思ったからです。
内科病棟で勤務する中で、一旦退院した方が、また入院してくることが多いなあと感じていました。退院後の生活はどんな風になっているのかしら・・・と考えるようになりました。そこで、更に専門的な知識や技術を習得すれば、退院後の生活も見据えたケアが提供できるのはないだろうかと思い認定看護師を目指すことにしました。
認定看護師になって、患者様・家族様はもちろん、様々は職種の方と関わる中で、「伝えること」の難しさと感じています。そして、伝える為には、「聴く事が大切」ということが分かりました。
患者様が退院される時、「私はこの方や家族様に寄り添うことが出来たかしら・・・」と振り返り、共に喜び「有り難いなあ」と感じていますが、更に、生活の場をサポートされる方との協働をすすめていきたいです。

皮膚排泄認定看護師 具志堅 綾乃

皮膚排泄認定看護師

具志堅 綾乃Gushiken Ayano

私は、親の勧めで看護学校受験しましたが、今では患者様に「あなたに会いたかったの」と言われると、とてもうれしい気持ちになり、『看護師になって良かったなあ』としみじみ感じています。
消化器病棟でスト―マを抱えて生活する患者様に接するうちに、「この方達の力になりたい」と思い、認定看護師を目指しました。今は、入院中の方だけではなく退院後の生活の場を考えて、スト―マケア・おむつかぶれのケアを行っています。
認定看護師は、自らがケアするだけではなく、患者様・家族様、色々なステージで働くスタッフの方々がケアする時に困らないように伝えることも大切な役割です。その為には、いつでもどんな事でも声がかけられる雰囲気作りを心掛けています。
これからも、チームの一員として、スト―マを造設した方や褥瘡や排泄でお困りの方が安心して生活出来るように力を発揮したいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 岸上 心

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

岸上 心Kishigami Kokoro

私は、自分が病気で救急診療を受けた時、冬でも半そででテキパキと動き回る看護師の姿を見て、「すごいなあ、あんな風に人の為に身を張って働く人になりたいと思い看護学校に進みました。
卒業後、超急性期の脳外科病棟で働くうちに、「脳外科の看護を極めたい」と思い上司の勧めもあり認定看護師を目指しました。認定看護師取得後は、患者様の病態を的確にアセスメントし、「今必要な看護は何か」を工夫出来るようになり自分に自信がもてるようになりました。
自分が必要と考えて提案し多職種で関わり、患者様に笑顔がみられ機能改善に繋がったと思えるときにとても嬉しくなります。
認定看護師だからこそ出来る提案もあります。
脳外科病棟だけではなく、他の病棟でも脳卒中後の後遺症をもちながら入院される方が多くいらっしゃいます。一般病棟でも的確なアセスメント、適切なケアが出来るよう、知識技術を伝えていきたいと思います。

感染症看護専門看護師 大谷 のり子

感染症看護専門看護師

大谷 のり子Otani Noriko

私は、幼少期から看護師に憧れていました。
看護師免許取得後は、様々な患者を見てきましたが、中でも状態の厳しい患者を見る機会が多い脳外科に強い興味を持ち、馬場記念病院に就職しました。現在、脳卒中ケアユニットに勤務しています。
救急で運ばれてきた患者の状態が安定して、家族も含めて笑顔に変わった時に、看護師になって良かったといつも感じます。
今後、感染に関する業務に就く予定ですが、患者様やご家族が安心して過ごせる療養環境を整えること、また、医療従事者が安心して働く事ができるよう感染予防策を実践していこうと考えています。

リハビリテーション病院 療養病棟 古川 真代

リハビリテーション病院 療養病棟

古川 真代Furukawa Mayo

私は、中学生の時に「人の人生に関わる仕事がしたい。」と思い、看護師になることを決意しました。
看護学校卒業後、超急性期の脳神経外科病棟で勤務しました。患者の少しの変化を読み取ることで、救命することができた時は、うれしかったことを覚えています。
現在は、療養病棟で勤務していますが、患者と多職種チームが共通の目標を持って治療に取組み、その結果、在宅復帰につながった時は最高の充実感を味わっています。

リハビリテーション病院 回復期リハビリテーション病棟 山本 裕介

リハビリテーション病院
回復期リハビリテーション病棟

山本 裕介Yamamoto Yusuke

僕の母親は看護師です。
幼いころから、看護師は患者にとっての「オアシス」であるということを聞かされていました。
オアシスには「思いやり」「愛すること」「幸せ」「素直」の4つの意味があり、看護師に求められることだと教えられました。そんな母親を尊敬して、僕も看護師を目指そうと思いました。
現在、回復期リハビリテーション病棟で働いています。医師やリハビリスタッフと共に、患者や家族とかかわりを持って、退院支援をしています。そして、退院する患者の笑顔を見ることが私のやりがいとなり、この仕事を選んでよかったと痛感しています。

ペガサスこどもデイセンター看護師(管理者) 金谷 真理子

ペガサスこどもデイセンター看護師(管理者)

金谷 真理子Kanatani Mariko

私は、学生の頃より病院勤務だけでなく、保育、教育、介護の現場で働く看護師に憧れ看護師の道を志しました。
現在ペガサスこどもディセンターで勤務しています。こどもディセンターは0歳から18歳までの重症心身障害児が通うディサービスです。
ペガサスこどもディセンターでも、人工呼吸器を装着してる児童や、様々なチューブ類が入っている児童をたくさんお預かりしています。私たちが日中お預かりすることで、お母さんが仕事に行く事ができ、また家事や、他の兄弟の世話をする時間を作ることに繋がります。ペガサス保育園とも連携を行い、医療ケアの必要な子供たちが、教育を受け成長を感じることが今一番、私のやりがいです。

ペガサス訪問看護ステーション看護師(管理者) 稲積 真琴

ペガサス訪問看護ステーション看護師(管理者)

稲積 真琴Inazumi Makoto

私の叔母が看護師をしており、いつも活き活きと働いている叔母の姿をみて、私も看護師になりたいと思いました。
現在、訪問看護ステーションで勤務しており、利用者や家族様が安心して地域で過ごして頂くために、看護師が自宅に訪問し在宅療養を快適に過ごすためのさまざまな支援をさせて頂いています。
利用者や家族様が訪問看護師に来てもらって良かったと言って頂けた時は、訪問看護師になって良かったと痛感しています。
今後も利用者が自分らしく生きる姿を支援でき、皆様から選んで頂ける訪問看護ステーションを常に目標に、自己研鑽に努め1人でも多くの訪問看護師を育成していきたいと思っています。