社会医療法人 ペガサス 馬場記念病院

お知らせ

外来がん化学療法患者様に対して、レジメン副作用シートを使用した当院の取り組み

癌に対する化学療法には、多数のレジメン、副作用が存在します。化学療法を継続させるためには、軽微な副作用を見逃さずに適切な治療を行うことが肝要と考えられています。

当院化学療法委員会でレジメン副作用シートを作成しました。レジメン副作用シートにはいつ、どのような副作用が生じやすいかを記載しています。化学療法開始時に薬剤師より説明させていただきます。

2022年3月より馬場記念病院にて外来化学療法を行っている患者様を対象としますが、希望に沿い実施しています。参加を拒否していただいでもかまいません。 途中で拒否していただくことも可能です。

レジメン副作用シートの内容や使用することによる効果(副作用発現時期、副作用項目などが適切であったか、使用することにより安心に繋がったか、化学療法による副作用の早期発見、化学療法中断・中止の回避、長期継続など)についてアンケート調査します。

個人情報が記録されますが、個人情報の取り扱いには十分注意し、情報の紛失や被験者個人が特定されないように厳重に管理します。

患者様が安心、安全に化学療法を受けて頂けるように、引き続き努めていきます。

お知らせの一覧へ戻る

PAGE TOP